【名刺作成ガイド】データ入稿サポート
裁断について

塗り足しに関する注意事項です。名刺の断裁時、ごくわずかに断裁位置にズレが生じる場合があります。紙の端まで塗りの入ったデザインを作成される場合は必ず塗り足しを追加ください。

裁断について

トンボ・トリムマーク

トンボとは、裁断をする際に当たりとなる直線のことをいいます。トリムマークともいいます。トリムマークがない場合、ご希望の裁断の位置がわからない場合がございますので、Illustratorデータには必ずトリムマーク(トンボ)を付けてデータ入稿をしてください。トンボには内トンボと外トンボというものがあり、その間隔は通常3mm程度と言われています。内トンボは仕上がりのためのもので、内トンボから外トンボの間は裁ち落としのための塗り足し部分を示しています。

トンボ・トリムマーク付け方

トンボは「フィルタ」→「クリエイト」
→「トリムマーク」で作成してください。


ベクトルデータ
トンボ・トリムマークについて

裁ち落とし(塗り足し)について

原稿サイズの端(裁ち落としの位置)までデザインイメージがある場合は、必ず枠(91×55mm)より2~3mm程度外側に塗り足しを作成してください。塗り足しが無い場合、トンボで裁断した際、用紙の端に台紙の紙色が出てしまったり、意図しない余白が出来てしまう場合があります。

塗り足しについて

裁断のズレについて

インクの量や湿度などで生じる名刺台紙の縮み、また印刷機器、裁断機等に生じるわずかな誤差が積み重なり、約0.2~2.0mm程度のズレが発生する場合がございます。そのため、デザインのレイアウトで重要な文章やロゴは必ず、上下左右3mm以上内側に配置してください。端に配置されたデザインが裁断の際に、切れてしまう場合がございます。また枠や、左右対称になるレイアウトはズレが非常に目立ちやすくなりますので、予めご了承下さいませ。

裁断のズレ

【左右対称の帯などが入ったデザインの場合】

左右対称の帯などが入ったデザインの場合

【中に枠が入ったデザインの場合】

中に枠が入ったデザインの場合

最近見た商品

Copyright 1998-2019 Hankoya.com, Inc.