【名刺作成ガイド】データ入稿サポート
画像について

入稿されるデータに画像を含める場合の注意点をまとめました。解像度や、データの形式、画像の埋め込みについての注意点です。

画像について

画像解像度について

解像度とは、データのきめの細かさや画質の滑らかさを表す尺度のことで、この値が高いほど、より自然に近い画質が得られます。(プリンタやスキャナの場合は、1インチあたりのドット数で表され、単位としてdpi【dots per inch】が用いられます。) 画像データの場合、一定の解像度より粗いと、印刷物は綺麗に仕上がりません。 画像解像度は原寸(引き伸ばしたり、縮めたりしていないそのままの大きさ)で カラー、グレースケール=300dpi~600dpi程度が理想です。パソコンのモニタ上で一見綺麗に表示される画像でも、印刷すると粗く再現されることがありますのでできるだけ高解像度の画像をご使用下さい。

解像度 72dpiで印刷

[ 解像度 72dpiで印刷 ]

解像度 300dpiで印刷

[ 解像度 300dpiで印刷 ]

ドットデータとベクトルデータ

ドットデータ
ドットデータ

[500倍に拡大したドットデータ]

GIFやJPEG等の画像データはドットという点のデータで処理されています。サイズの大きい画像にはより多くのドット(点)が必要になります。そのまま拡大すると、ドット自体を拡大するため、ギザギザが出てしまいます。できるだけ、GIFやJPGの画像形式は印刷に用いない方が再現性が高くなります。

ベクトルデータ
ベクトルデータ

[500倍に拡大したベクトルデータ]

パスと呼ばれる線や点で描かれた図形で、 ベクトルデータとも呼ばれます。拡大・縮小や回転などの加工をしても画像の劣化がほとんどなく、ピクセル単位の画像表現を行わないので、なめらかな画像表現で印刷にも適しています 。またドットデータに比べて容量が軽いのも特長です。

リンク画像と埋め込み画像

Illustratorに画像を配置する際、一般的に「画像をリンクする方法」と「画像を埋め込む方法」の二つの方法があります。画像はEPS(推奨)、TIFF、JPG、GIF形式のいずれかの形式で配置してください。

画像のリンク(推奨)

「画像のリンク」は、画像データをIllustratorのデータ上でリンクさせる方法です。当店ではこちらの方法を推奨しております。

≪メリット≫

  • プレビュー画像のみを配置するのでデータが軽く、作業効率が高くなります。
  • 画像のデータを修正・編集した場合に、自動的にリンク画像にも修正・編集内容が反映されます。

≪デメリット≫

  • 透明効果や様々なフィルタ効果は元画像ではなくプレビュー画像に対して適用されるので出力される時にはそれらの効果は適用されません。
  • 出力される時に同一フォルダに入れておかないと、プレビュー画像(72dpi)で出力されてしまいます。

画像を配置する場合はEPS(推奨)、TIFF、JPG、GIF形式のいずれかで配置してください。リンク画像はIllustratorファイルと同一フォルダ内に収納ください。

入稿データ例
入稿データ形式
  • 「配置画像」が一緒に入稿されなかった場合、弊社で画像データを確認することが出来ません。
  • お客様と当店との環境化の違いにより、稀に表示されるデータ内容が異なる場合がございます。データご入稿の際、可能であれば「印刷データのプレビュー画像」もご一緒にご入稿いただけますと幸いです。
  • フォルダを圧縮し、圧縮データ(.zip .lzh)形式でアップロードください。

画像の埋め込み

「画像の埋め込み」は、下記のような方法で画像データの情報をIllustratorのデータ上に埋め込んでしまう方法です。

  • Photoshopから直接ドラッグ&ドロップで配置する。
  • コピー&ペーストで配置する。
  • 【ファイル】メニューの[配置...]から画像を配置し、リンクのチェックボックスをOFFにする。
  • 「リンク」パレットのメニューから画像の埋め込みを設定する。

全ての情報がIllustratorデータの「.aiファイル」に含まれてしまうため、データが重くなってしまう恐れがあり、作業の効率が悪くなる場合があります。

≪メリット≫

  • 画像データを直接読み込むため、透明効果や様々なフィルタ効果を適用することが出来ます。

≪デメリット≫

  • 直接読み込むためにデータが重く、作業効率が低下する場合があります。
  • 埋め込み画像の場合でも、念のためIllustratorファイルと同一フォルダ内に画像データを収納いただくようお願い申し上げます。

最近見た商品

Copyright 1998-2019 Hankoya.com, Inc.