印刷もspeed名刺館にお任せください

印刷方式の違い

「オンデマンド印刷」と「オフセット印刷」の違いについて、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

オンデマンド印刷について

オンデマンド印刷とは、on demand(要求があり次第)印刷するという意味です。印刷のための版を作らず、パソコンから印刷機にデータを送り、1枚単位で印刷が可能なデジタル印刷機を用います。版が不必要なことから、少部数の印刷とスピーディな対応ができるようになりました。細部の鮮明さはオフセット印刷に劣りますが、家庭用プリンターと比べると格段に仕上がりが良く、商業印刷にも使われるようになりました。

メリット

  • 少部数がお得
  • 短納期での対応が可能

デメリット

  • べた塗やグラデーションはムラが出る
  • 特色(DIC)での印刷に対応していない
  • 細かい文字はにじむことがある

オフセット印刷について

オフセット印刷とオンデマンド印刷の大きな違いは、版が必要なことです。入稿データをもとに版をつくるため、印刷とは別に版を作る製版費用がかかります。
印刷方法は、版→ブランケットと呼ばれるゴム地に転写→紙へ印刷という流れになります。

メリット

  • 大量に印刷すると単価が安くなる
  • 特色(DIC)カラーの印刷が可能

デメリット

  • 少量印刷だと割高になる
  • 版を準備するので納期に時間がかかる

インクジェットプリンターはどう違うの?

家庭用として広く普及しているインクジェットプリンターは、インクを直接紙に吹き付ける方式を用いています。
インクジェットの特徴は、本体価格が安いことですが、印刷に時間がかかり、カートリッジが高く1枚あたりの単価が割高になることです。
インクジェットプリンターは家庭で頻繁には使わないけど、印刷が必要なときにとても便利です。印刷に時間がかかること、コストがかかることを考えると、1日に大量に印刷する商業用には不向きと言えます。

speed名刺館はオンデマンド印刷

speed名刺館では、高性能・高速・高画質のオンデマンド印刷機を導入しております。オンデマンド印刷は気温や湿度の変化に敏感で、ちょっとした変化で色変動を起こします。 しかし、お客様からご注文いただいたデータと、印刷した色とに差異がでないよう、日々微調整を行い、高品質の名刺を作ります。
また、オンデマンド印刷を導入していることにより、少量印刷の受注と、即日出荷の対応を実現しております。
speed名刺館では、最小30枚から注文を承っており、当社営業日12時までにご注文いただいたものは、即日出荷の対応をさせていただいています。これらはお客様からも支持を得ています。

当社のデータ入稿名刺

最近見た商品

Copyright 1998-2019 Hankoya.com, Inc.