ソフト無しでも名刺の自作は可能!

  • 急に名刺が必要になった
  • 枚数が少ないから注文するほどでもない
  • データがない
  • コストをおさえたい・・・

名刺を自作している方、これから自作しようとお考えの方、こんな風に思ってませんか?たしかに、1度作ってしまえば、ちょっと修正したいときでも、すぐに修正ができて、すぐに印刷ができます。また、名刺10枚分(A4用紙1枚で名刺10枚作れます)から印刷できることは、急に必要になったときにとても便利です。しかし、今ではお安く名刺を注文することもできれば、注文した次の日には届くなんてことも!もしかしたら、あなたが作っているその名刺、注文したほうがコストを抑えられるかもしれません。スピード名刺館では750円~ご注文を承っております。

自分で作るときに必要になるもの

名刺を自作する場合、用紙、パソコン、プリンターが必要になります。最近では、名刺作成アプリもあるため、スマートフォンで簡単に作ることもできます。

パソコンで自作する場合、ワードや、エクセル、パワーポイント、イラストレーターなどを使って作成します。

名刺に載せたい内容が、文字だけのシンプルなものであれば、簡単に作ることができます。しかし、会社のロゴを入れたり、顔写真を入れたり、背景を入れたり、様々な装飾をつけるのは、なかなか大変です。 初めて名刺を作る方には、時間も手間もかかるので、ウェブ上のテンプレートを使うことをおすすめします。

意外と大変!その自作、本当にお得?

いざテンプレートを使って名刺を作り始めても、名刺のデザイン作成は時間がかかります。文字の配置を考え、字間や画像の調整をし、デザインが完成したら印刷して、自分で1枚1枚裁断もしなければいけません。そのコスト、いくらになるのでしょうか。

一般的な家庭用インクジェットプリンター
(カラー印刷 A4用紙1枚あたりのコスト)

メーカー 商品名 コスト
CANON ピクサス 20.2円
EPSON カラリオ 12.0円

A4用紙1枚あたり50円とし、カラリオで印刷した場合

50円(用紙)+ 12円(印刷)= 62円(コスト)

A4用紙1枚から、10枚の名刺を作ることができます。名刺用の印刷用紙は10枚で500円前後、1枚あたり50円とした場合、10枚の名刺を作るためのコストは62~70円、1枚あたり6.2~7.0円程度です。

自作と発注ならどちらが安上がり?名刺の自作は逆に損をすることがあります

先ほど、自作の名刺コストは1枚あたり6.2~7.0円とお伝えしました。しかし、ここには時間コストが含まれていません。自作をする場合、用紙を買って、パソコン上で作って、印刷して、切り離して、諸々の作業が3時間かかったとしましょう。それを、スピード名刺館のテキスト入稿で注文する場合、10分で注文が完了します。名刺のコストにあなたの人件費[最低賃金(大阪)936円で計算]を合わせるとどうなるでしょうか。

30枚 100枚 200枚
自作 2,994円 1枚/99.8円 3,428円 1枚/34.2円 4,048円 1枚/20.24円
スピード名刺館 2,456円 1枚/81.8円 2,756円 1枚/27.5円 3,656円 1枚/18.28円

さらに、家庭用プリンターで印刷した名刺と、ネット印刷で注文する名刺の大きな違いは、クオリティです。家庭用プリンターで印刷したものだと、時間がたって色褪せてしまったり、紙が変質してしまったりすることがあります。しかし、印刷会社で印刷した名刺は発色もよく、ロゴや画像、顔写真などは特に差がでるでしょう。また色褪せや、紙の変質の心配もありません。

特別なソフトは必要なし!テキスト入稿名刺なら作りたい内容を記載するだけ!

仕事用の名刺は、注文することをおすすめします。発色や、インクのかすれ、文字の配置やバランスなど、素人が作るのと、プロが作るのとでは大きな差が出ます。

スピード名刺館のテキスト入稿名刺なら、小ロットの印刷にもおすすめです。最小30枚からご注文ができます。当店営業日の12時までにご注文いただきましたら、即日発送いたします。テキスト入稿名刺なら、デザインを選んで、文字を入力するだけで作成が可能です。文字の配置やバランス、印刷後の検品まですべてお任せください。

当社のテキスト入稿名刺

関連記事

名刺の作成ならSPEED名刺館

名刺の作成ならSPEED名刺館

はじめて名刺を作る方のために、名刺作成に取り掛かる前の心構えや、1から作る手順を紹介します。名刺に書く内容の整理や、どんな紙を選んだらいいのか、デザインはどうすべいいのかといったアドバイスをご紹介しておりますので、参考にしてください。


縦型名刺と横型名刺、どっちがいい?

縦型名刺と横型名刺、どっちがいい?

名刺には縦型と横型があります。いざ、自分が名刺を作るとき、どっちにすればいいのか迷う方もいるのではないでしょうか。
縦型と横型、主流はどっちなのか、独自の調査結果も含めて、メリットとデメリットもご紹介します。


名刺をおしゃれにかっこよく作るコツ

名刺をおしゃれにかっこよく作るコツ

名刺はとてもシンプルです。サンプルを見なくても誰でもデザインすることができると思います。しかし、シンプルだからこそ、バランスよく作るためのコツがあります。失敗しない、スマートな名刺のデザイン作りのポイントをご紹介します。

最近見た商品

Copyright 1998-2019 Hankoya.com, Inc.