名刺交換マナー

名刺の渡し方等名刺交換で失敗しないための簡単なマナーをまとめてみました。

名刺は目下の者から出すのが基本です。

目上の人の場合は相手から受け取って、自分の名刺を差し出すようにします。

もし先に目上の人に先に名刺出されてしまった場合、「遅れまして申し訳ございません。」と断って受け取り、すぐに自分の名刺を差し出します。

名刺を同時に出してしまった場合は目上が受け取るのを待って、相手から貰うようにします。

同格の者同士が名刺を同時に出した場合は、右手で差し出し、左手で受け取るようにします。遠慮しあっていては交換に時間を費やすだけで、雰囲気を壊してしまいます。

他社・先方を訪問した際には、「お邪魔致します。」という意味合いから、訪問した側から先に差し出します。訪問者が明らかに目上の人であったら訪問された側が先に差し出すようにします。

名刺交換のビジネスマナー

着席していても、名刺の交換は必ず立ち上がってするのがマナー。

右手で名刺の端を軽く持ち、相手の胸より下の位置で手渡します。目の前に突き出してはいけません。

出来れば両手で差し出し、両手で受け取りたいものですが、片手でも丁寧に姿勢良く受け渡せば失礼にはなりません。名刺を渡しながら「宜しくお願い致します」と言い、自分の社名や状況に応じて部課名、そして氏名を名乗ればいっそう丁寧でよい印象を与える事ができるでしょう。

万一、名刺を切らしていたり、忘れたりしたら、丁重に非礼をわび、次回に改めて渡すことを付け加える。

ビジネスマンが自分を相手に知っていただく重要な名刺を切らしたり、忘れたりすることがないようにしましょう。

カバンの中に、予備の名刺入れと名刺を常に入れておけば、万が一名刺を忘れてしまった場合などに役立ちます。

外出前にはその日の状況を想定し、必ず名刺入れに入っている枚数を確認し、もし相手が多人数とわかったら、相応の枚数を用意しておく必要があります。尚、名刺入れは目立つものですので自身の人柄が相手に見られる部分です。センスのよいものを持ち、いつも点検と手入れを怠らないように心がけます。

名刺を発注する際は、名刺が切れないよう多めに名刺を発注しておきましょう。

受け取った名刺は大切に扱う。

まずは内容を必ず確認しましょう。その後、名刺入れに収めるのが普通ですが、暫くテーブルの上に置いて、確認しながら話をしてもかまいません。ただ、いつまでも放置するような感じにならないように注意したいものです。

外国人でも名刺を日本式に用いる事が多いので交換ルールは変わらない。

外国の名刺は本来の性格や使い方が日本の場合とは異なっています。

贈り物に添えたり、お祝い、お礼、年末年始のメッセージを書いたり、あるいは転居通知に使ったりします。形式も氏名だけだったり、大型だったりと様々です。しかし、ビジネスで来日する外国人の場合、最近では殆どが日本式の名刺を用意し、日本式に使う事が多いのでマナーも日本人同士と同様に考えれば良いでしょう。ただ、外国語印刷でもカナ文字印刷でも、名刺を貰った機会に、正しい読み方(発音やアクセント)を尋ねておくと、その後失礼がなくて済みます。

受け取った名刺はすぐに整理する。

受け取った名刺は記憶が新しいその日のうちに整理するようにしましょう。その際、名前順ではなく仕事の案件や、名刺交換をしたシチュエーションなどグループを作って整理すると人間関係を把握しやすくなります。

スマートフォンのカメラ機能で簡単に名刺をスキャンして管理できる「名刺管理アプリ」を活用すると、外出時に急に連絡を取りたい場合でもすぐにスマートフォンから連絡先を確認できるので便利です。

スピード名刺館の名刺作成サービス

デザインテンプレートを選んで印刷文字を指定するだけ、簡単に注文できる名刺作成サービスから、オリジナルロゴや写真を使ったこだわりの名刺が作成できるサービスまで、ニーズに合わせてお選びいただけます。

テキスト入稿名刺のバナー
データ入稿名刺のバナー
オンライン入稿名刺のバナー

最近見た商品

Copyright 1998-2019 Hankoya.com, Inc.